採用情報

日本中央不動産グループの、新しい歴史をともに創る。そんな仲間を求めています。

出水 忠宏

常務取締役兼執行統括部長
Managing Director
Executive General Manager
T.IZUMI

私達の商品は「営業力」そのものです。
人材の成長が会社の成長に直結します。

 私は29歳まで呉服屋で接客をやっていました。全国の展示会や店舗で、来場されたお客様に、高価な着物を買っていただくというもの。当時、それなりの報酬や地位も得ていましたし、お客様にも喜んでいただいている実感を持っていました。ただ、衰退していく業界を見ていて、心のどこかに将来的な不安を持っていました。そこで30歳を過ぎた時、一念発起し、縁もゆかりもない不動産業界へと飛び込みました。
 業界未経験でしたので、平社員からスタートし、当時の先輩や上司の指導の下、必死に勉強し営業に取り組みました。呉服時代は、ただただお客様を褒めたりおだてたりして、商品をすすめるだけでしたが、この業界に入ってからは知識と理論、そしてスキルが必要だと感じました。30歳を超えての業界転職は苦難の連続でしたが、それがあるからこそ、今の自分があると思っています。また、その苦労を知っているからこそ、これから入社される方々にも良いサポートができると考えています。

 弊社は現在、新築マンションの販売受託事業と、営業派遣事業を行っており、順調に業績を伸ばしています。販売受託事業では売主様から代理権をいただき、新築マンションの企画段階から参加し、モデルルームの選定や間取りのプランニングまで販売のすべてを任されております。中央線を中心にしたエリア展開を長年していますので、積み上げたノウハウと経験をもとに、どのような物件であっても対応し完売まで持って行く理論を持ち合わせております。
 また、弊社には経験豊富な営業社員がたくさん在籍していますので、派遣事業でも様々なクライアント様から営業出向の依頼をいただいております。最近では中堅から上場系・財閥系大手デベロッパー様まで幅広くお付き合いをさせていただいており、多くの人材を派遣しています。
 「受託」と「派遣」どちらの事業においても「営業力」が商品です。「日本中央不動産なら任せて大丈夫」と言っていただけるよう日々努力をしています。
 おかげ様で、弊社の業績は毎年、好調に推移しています。様々なクライアント様に評価していただいている理由は『販売を受けたからには最後まで売り切る姿勢』にあると自負しております。
 また、弊社では「反響営業チーム」と「源泉営業チーム」を作っており、販売物件の時期や特性に合わせて投入チームを決定しています。 会社をもっと強く、大きくするためには、どんな物件であっても完売までもっていくプロフェッショナル集団でなければならないと考えています。
 今現在もいろいろなご依頼をいただいており、20代から50代まで営業マンが頑張っています。そして一緒に弊社の営業力として頑張っていただける仲間を募っています。私自身がそうであったように、営業・業界未経験でも、謙虚な姿勢で努力をすれば自然と結果につながります。

お問い合わせはこちら
松田 大

第一営業部 部長
Deputy Director of First Sales Department
D.MATSUDA

部下の個性をもっと伸ばしたい。
チーム全員が共に喜び合える環境です。

 地元で就職した会社では全社トップの実績をあげ、その後、独立も経験。もっと自分を高めたいと思い上京して当社へ転職しました。
 「営業は数字が全て」「営業部のメンバーはライバル」そんな環境で育った自分からすれば、新しい会社の先輩や上司、同僚は全て「競争相手」。自分のやり方で彼らより数字を上げて、この会社でもトップになる、そう思っていました。しかし、蓋を開けてみれば全く契約が取れない。今思うと「他の奴に負けたくない」という気持ちが空回りしていたと思います。自分の弱い部分を見せたくないからと、売れないくせに強がって上司に相談するでもなく、独りでもがいていました。
 翌週、契約ゼロで臨む営業会議は針のむしろで、胃が痛くなりました。「売れない営業は存在価値がない」前職ではそれが当たり前。自分もそう思っていたので、上司に叱責されることを恐れてビクビクしていました。しかし驚いたことに営業会議では、自分への攻撃や叱責ではなく「どうやったら松田が契約をあげられるか」という視点での意見しか出ませんでした。先輩や同僚も色々な角度からアドバイスをしてくれました。もちろん厳しい意見が多かったですが、親身なアドバイスばかり。それに気づいた時、自分の中にあった奢りや妙なプライドが消えていきました。厳しいけどあたたかい。一見矛盾するかもしれませんが、個人攻撃しても会社のためにならない。やる気がある奴が苦しんでいるならば、売れるためにどうすればよいかを、みんなで考える環境があります。それがこの会社の文化なのです。その日以降、自分を捨てて接客に励みました。その結果、初契約をいただけ、その後もトップクラスの成績を残すことができ、今では部長として部下の育成に勤めています。
 当社の営業方針は「個性を活かす」こと。一人ひとりやり方が違うのは当たり前です。得意なところを伸ばし、苦手なところをフォローする。いうなればサッカーと同じです。個人プレイだけどチームプレイ。監督の戦術を全員が理解しているから、フォローや連携がうまくいく。うちもそうです。会長は会社の方向性を伝え、我々がそれを理解して実践する。そのために現場で起こっていることを正確にフィードバックする。そんな組織だから、みんなが頑張って結果が出ているのだと思います。そしてもっと大きな組織にしていきたいと思います。

お問い合わせはこちら
M.HIDA

管理部 人事・総務課 副主任
Administration Department Human Resources
Division General Affairs Division
M.HIDA

これまで学んできたことを進化させて、
ここで活用したい。

 3月までこの会社の別の部署でメディア推進という仕事を担当していましたが、4月から人事・総務の仕事を担当することになりました。
 前職では、撮影スタジオの受付といった接客の仕事をメインにしてきました。
 企業の正社員という形態で仕事することも初めてのこと、不動産業界というものもあまり馴染みのあるものではありませんでした。不動産会社での勤務というと、営業のお仕事といったイメージですが、実際にしているのは一般の会社と同じ総合的な事務の仕事です。忙しくもありますが、とても充実していて、楽しく仕事をさせてもらっています。
 現在、社員の3分の1が女性といった状況。なので、産休、育休といったことも検討すべき課題です。まずは女性にとって働きやすい環境をつくろうと、時短正社員を採り入れるなど、働き方に関してもいろいろと取り組んでいます。多くの部分でかなり改善されてきていましたが、今回さらに見直し、一新しました。今は、どのように働きやすいかということを具体的に、わかりやすくするために整備しているところです。
 社員同士、本当に仲が良くて、社内は明るくフレンドリーな雰囲気です。家族ではないけれど、家族のように思えてくることがあります。社内では、会長が社員の話を聞いて、意見を採り入れて下さることもあるので、最先端といえる働き方を多く採用することができています。たとえば、本社と賃貸部門をつなぐテレビ会議といったことも導入しました。
 どちらかというと、私は前に前に向かう性格だと思います。この会社での仕事は全くの未経験でした。なので、アルバイト時代に経験したことを駆使して全力で取り組んでいます。
 経験を通して学んだことというのは、思いがけず大きいものだと知るきっかけになりました。この会社では、これまで学んだことを進化させて、うまく活用していけたらと思っています。

お問い合わせはこちら
M.TANIGUCHI

営業部 主任
Sales Department Deputy Chief
M.TANIGUCHI

仕事も家も人も、
すべてが巡り合わせなのだと思います。

 販売の仕事からの転職です。不動産業界も営業も未経験でしたので、どちらもこの会社でのスタートとなりました。学べることがとても多く、今までの仕事よりも圧倒的にやりがいを感じています。
 私は、一週間に4日間勤務して3日間お休みという、週4の勤務スタイルをとらせていただいています。今ではいろいろな働き方が一般的になってきていますが、社内の営業では、まだ私だけこの体制をとらせていただいています。
 もともと仕事好きなので、週4日体制であっても、どんどん仕事をしたくなるという性格。セーブしながら働くことに歯痒さを感じることもあります。なので、お休みの日であっても、携帯電話で一日中仕事をしているということもめずらしくありません。
 週4日の勤務だからと言って責任がないわけではありません。きちんと責任もいただけるこの会社、環境に感謝しています。
 自分自身、仕事を通して実現したい目標があります。また、会社にとっても意味ある存在であり続けたいと考えています。
 仕事もプライベートも充実している毎日なのですが、この会社に入ってからの変化といえば、家を購入したこと。一年前には想像もつかないことで、自分でも驚きの変化ではあったのですが、とにかく思い切りよく家を購入しました。
 自分の人生を振り返ってみると、とても波の多いものだったなと感じます。周りの方に助けていただくこともたくさんありました。「がむしゃらで全身全霊」、そういった言葉がぴったりな生き方をしてきたと思います。
 家を購入したという出来事から、思いがけない大きな気づきがありました。仕事も家も人も、すべて巡り合わせなのだということ。いろいろな問題もあったけれどすごくラッキーなこともたくさんあったと気づくことができました。この巡り合わせに感謝です。

お問い合わせはこちら
H.SAKAGAMI

営業部
Sales department
H.SAKAGAMI

入社2年目、やることも多く、
本当にいろいろなことを学んでいます。

 昨年、新卒で入社しました。当初、事務スタッフとして入社しましたが、営業の仕事をすることになり、今の部署に移りました。就職活動の際、不動産関係の会社を探していたところ、希望通り、条件に合ったこの会社に決めました。
 学生時代のアルバイトはコンビニの店員さんです。サービス業とは言っても、接客する機会はあまりなかったので、接客についても経験はなく、この会社で一から学ぶことになりました。
 新築マンションを取り扱う業務なので、当然、魅力ある物件をいくつも目にします。ご案内しながら、「いつか自分も欲しいな、将来、購入したいな」そんな風に思い、そういったことを励みにお仕事をしています。
 入社してから1年が経過しましたが、お客様のご対応については、まだまだ自分では対応しきれないことが多々あります。それは、知識面のことであったり、経験不足からくることであったり。そういった場面は、この会社の先輩達にアドバイスをもらい乗り越えています。
 人と話すこと、話すことそのものがむずかしく感じられる時期がありました。話し方だけではなく、どうしたらいいのかと悩んでいました。そういったときにも、先輩の経験をもとにした話をして、どうしたらいいかを一緒に考えてくれました。
 お休みの日には、自動車教習所に通っています。物件まで車でご案内ということもあると思うので、免許が必要、教習所に通おうと決めました。もうすぐ取得できる予定なので、とても楽しみです。また、不動産の資格取得のための勉強も頑張っています。
 仕事を教えて下さっている先輩のように、私も後輩から頼られる人になりたい。それが私の将来の目標です。

お問い合わせはこちら
M.EURA

第一営業部 営業一課 係長
First Sales Department
M.EURA

仕事のいちばんの楽しさは、
とてもシンプルなところにありました。

 今年で入社4年目、おもに新築マンションを取り扱う部署で販売の仕事をしています。
 前職は建築関係の現場で職人をしていました。黙々と作業することの多い仕事だったため、不動産業界へ飛び込んでみて、つねに人と向き合いながらの作業、ひとつひとつの動きには、同じだけの反応や声がある、ということを実感しました。
 不動産に限らずお客様に接する仕事をしていると、接客スタイル、姿勢のようなものがみなさんあるかと思います。私の場合、お客様とのコミュニケーションは、まず受けとめるところからはじまります。
 住まいについての好みやご希望は、お客様お一人ずつ持っていらっしゃるし、理想の暮らし方というもの、それぞれが思い描いていらっしゃいます。そういったものすべて、受けとめて、理解して、はじめて理想やご希望に沿った暮らし方、住まいのご提案ができるのでないでしょうか。だから、なによりもたくさんのお話を聞かせていただくことが、お客様の理想へ近づくためのお手伝いになると思っています。ご成約いただいたお客様とのプライベートなつき合いはありませんが、のちにお知り合いをご紹介いただけるといった機会も多くいただいております。
 やはり営業なので、数字を意識しませんと言ったら嘘になってしまいますが、お客様との密なコミュニケーションがとれた結果として、「ありがとう」と言っていただける。このとき非常にやりがいを感じます。とてもシンプルなことなのですが、そのシンプルな部分がこの仕事のなかで一番楽しく感じられることなのかもしれません。
 基本的には一人で仕事をしますが、チームを組んで数名で動くこともあります。
 この会社を一言で表現すると「風通しのいい会社」。
 社員同士、とても仲が良くアットホームな雰囲気を作っています。ストレスを感じることもなく、いい意味での緩さというのでしょうか、それがとても居心地のいい会社です。

お問い合わせはこちら
M.KASHIMA

営業部
Sales Department
M.KASHIMA

不動産業界での営業、
これからの自分に期待しています。

 一年ほど前に入社。3月まで賃貸部門に所属していましたが、4月から売買部門で営業をすることになりました。現在は、担当している物件に常駐して、お客様をお迎えするといった仕事をさせていただいています。
 入社前は携帯ショップの店舗で営業の仕事をしていました。5年ほど携わっていたので、知識という面でいうと、かなりの量が蓄えられていました。そのおかげなのでしょうか、仕事はやり易く、すべてスムーズにこなせるようになっていたと思います。
 入社してから、不動産について学んでいるところなのですが、やはりまだ知識の量が少なく、模索中の状態。焦りを感じることもあります。
 その点については、一日も早く、お客様に信頼いただける営業ができるよう、日々努力して、経験を積んでいく、知識を増やしていく、それが確実な改善策なのだと考えるようになりました。
 以前の仕事であれば、一定の限られた商品について説明できればよかったのですが、不動産については、物件の数も情報も数えきれないほどです。扱う商品が違うだけでなく、まるで広さ、深さが違う、大げさに言うと世界が違うといった感覚です。
 もちろん、家族を養うために仕事をしています。でも、仕事を楽しくできるような働き方をしたいと思っています。そのためには実績というものが必要です。だから今は、その準備段階だととらえています。
 この会社で不動産の営業として、活躍したい。これからの自分に期待しています。
 お客様にご案内から実際にご入居いただくまでのプロセスが100まであるとしたら、そのプロセスの1から100まで自分でできるようになること、できることが増えていくこと、それが自分自身のやりがいに繋がると思います。

お問い合わせはこちら
D.MORI

営業部
Sales Department
D.MORI

やさしいけれど厳しい、
そういう先輩になることが目標。

 4月に新卒で入社しました。学生時代は居酒屋でアルバイトをしていました。その頃から営業の仕事に就きたいと思っていたので、求人情報から見つけた会社のうち、2〜3社で面接を受けることにしました。
 面接当日、私の面接を担当した上司の人柄がとても良く感じられ、そのことが入社を決めるきっかけとなりました。穏やかな表情で、わかりやすく話してくれていることが伝わってきました。緊張も少し和らぎ、リラックスして面接を受けることができました。
 入社して数か月、業務についても勉強することがたくさんあります。緊張感のある毎日ではありますが、社内はとても和気あいあいとした雰囲気です。
 先輩達は、基本的にはやさしいのですが、そればかりではなく、厳しく教えてくれることもあります。
 勉強をしている現在の自分にとって、とてもいい環境だと思います。すごく理想的な環境にいると感じています。この会社に決めて本当に良かった、そう思っています。
 実力しだい、頑張ったらその分だけ、結果がついてくる仕事、不動産の営業については、そういったイメージを持っていました。そしてその部分に魅力を感じていたので、自分もやってみたいと思うようになりました。
 イメージ通りであるかどうかは正直なところまだわかっていないのですが、きっと数年後にそれはわかってくるのではないかと思っています。
 今後、モデルルームなどでお客様とお会いする機会、お話しする機会が増えていくと思います。そのときには、お客様ごとのライフスタイルに合った住まいをご提案できるよう、営業としての実力をつけたいと思っています。
 1年後、2年後、後輩が入社してくると、自分も先輩という立場になります。やさしく、ときに厳しく指導できる、後輩と一緒に楽しく仕事ができる先輩になりたいです。

お問い合わせはこちら
T.ONOZUKA

営業部
Sales Department
T.ONOZUKA

前向きにチャレンジさせてもらえる環境、
恵まれています。

 新卒で今年の4月から売買部門で営業として勤務しています。
 自分でも理由はわからないのですが、高3になった頃、急に不動産の仕事に興味が湧いてきたのです。賃貸、売買どちらにも興味があったので、就職活動では不動産の会社を探すことにしました。
 実家は静岡県。就職したら、東京で一人暮らしをすることになります。それであれば、なるべく知り合いがいる地域のほうが安心できると思い、親戚が近くに暮らしているこの場所、この会社に決めました。
 高校時代にはアルバイトで写真の編集をしていました。接客とは無縁な仕事でしたので、もちろん接客は未経験です。
 先日、お客様をご案内する機会がありました。初めてのことなので、やはり緊張していたのですが、その時間が楽しく感じられ、接客ということも好きな自分なのだと知る機会にもなりました。
 仕事を教えてくれる先輩達は、やさしくて明るい性格の方ばかりです。よく、ご飯に連れて行ってくれたりもします。
 過ごしやすい環境で働けて、いろいろな面で恵まれていると感じています。
 自分のペースで仕事をやらせてもらえることも多く、やったことのない事に対しても前向きにチャレンジできています。
 目標と言えば不動産の資格を取得すること。それが今一番近くにある目標です。
 将来は同期の仲間のなかで成績トップになりたいです。とはいっても、今はまだ情報を詰め込んでいるところ、勉強中です。
 まずは、お客様に信頼してもらうことからスタートしようと思っています。

お問い合わせはこちら
R.YAMAZAKI

営業部
Sales Department
R.YAMAZAKI

「励ましてくれている」ことが伝わってくるので、
素直に頑張ろうと思えます。

 高校生の頃、水道配管工事のアルバイトをしていました。アルバイトだといっても、専門的な知識だとか技術が必要な職人作業です。時間をかけて、根気よく勉強した記憶があります。ほかにアルバイトの思い出といえば、夏限定ですが、プールでの仕事も印象に残っています。大人も子供もみんな遊びに来ているので、なんとなく遊びの空気感というのでしょうか、賑やかで楽しいムードが流れていて、自分も自然とゆったりとした気分で仕事をすることができました。
 父は建築関係の仕事をしています。そのため、幼い頃から家が完成するまでの工程に興味がありました。職人さんの仕事を見る機会も多かったので、知識も少しだけですが持っていると思います。高校生くらいになって、職人さんが仕上げた家をどうやって売るのかということに興味が湧いてきました。だから家を売る仕事に就きたいと思い、この会社に就職しました。
 入社して2か月になりますが、毎日は充実しています。
 自分ではどう対処したらいいかわからないことは、まだまだあります。けれど、その場面ごとに適切なアドバイスをしてくれる先輩達がいます。右、左をおしえてもらっている感じです。失敗しそうな時には、失敗しないよう、状況をみて声をかけてくれます。もちろん怒られる時もありますが、その怒られている原因、理由をきちんと説明してもらえるので、次からこうすればいい、そんなふうに前向きな気持ちに切り替わります。
 「認めてくれている」と感じること、「励ましてくれている」と感じること。それがダイレクトに伝わってくるので、自分自身、素直に話を聞いて、また頑張ろうと思えます。
 入社前、面接で訪れたときも同じように、丁寧でわかりやすく話してくれていました。そういった先輩、上司との出会いから「ここで働きたい」と思いました。
 自分が教えてもらったように、今度は後輩に教えられるようになりたいです。

お問い合わせはこちら
M.SAITO

財務部 経理課
Finance Department Accounting Division
M.SAITO

来週はもっとできるようになっている、
という考え方

 入社して2カ月、経理を担当しています。実際に働いてみての感想は「すごく楽しい」の一言ですが、仕事上のミスが多いので、とにかくミスを減らせるように努力しているところです。今の目標は、早く一人前に仕事ができるようになることです。
 子供の頃からサッカーをしていました。大人になった今でも、ときどきサッカーすることがあります。高校時代、小学生対象のジュニアサッカーのコーチアシスタントをしていました。1年生から3年生までの3年間、アルバイトとしてジュニアサッカーに関わっていました。高校生の頃ずっと、公務員を目指していたのですが、急にその方向を変えたくなりました。
 アルバイト先の先輩が不動産会社に就職していて、ちょうどそのタイミングで仕事の話を聞くことが何回かありました。先輩の話を面白いなという感覚で聞かせてもらっていました。
 「楽しいけど勉強することがたくさんある」、「資格が取得しにくい」、「むずかしい」などなど。話の内容はすべてが良いイメージを持てるものではありませんでした。「でも、くやしさをバネにできる仕事だよ、やりがいがあるよ」と言っていたのがとても印象に残っています。それを聞いて私は「いいな」と思いました。
 先輩の話に刺激を受けていたので、具体的に進路を決める段階では、不動産の仕事を探そうという流れになっていました。学校で求人情報を見ていた時、この会社を見つけました。
 趣味は絵を描くことです。イラストを描いたりしています。専門学校に行こうかなどと検討したりもしましたが、趣味として描いているほうがいいと思い、就職することに決めました。
 入社したての今、できないことのほうが多いと思います。
 来週はきっとできることが増えている、来月、来年はもっとできるようになっているかも、そう考えて頑張っていきたいと思います。それを積み重ねて、自分のペースで仕事が進められるように成長していきたいです。

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシー